Welcome to SUZURAN NO KAI

就労継続支援B型事業 ワークショップ・SUN

一般企業への就労を目指し、地域での自立した生活が可能になるよう、施設内での作業と地域企業のご協力を得た施設外作業など、また、余暇支援活動を通じて、社会や環境への適応力やマナー、や生活習慣の習得を支援しています。出来るだけ多くの収入が確保できるよう支援し、就労に向けたひとり一人の目標に応じた活動の場を提供たいと考えています。
「個人」の特性に焦点を絞り、その方に必要な支援を見極め、目標設定を行います。個人の持っている力を十分に発揮できる場面を増やし、達成感を得ながら取り組めるよう、関係機関との連携をしながら就労定着まで支援を行います。生活支援としてマナー学習や、職員や他利用者との関わりの中で日常生活に必要なことなどを助言しています。また、地域のゴミを拾う清掃ボランティアなども行っています。

養護学校(相模原養護学校、座間養護学校)や近隣の中学校から実習生を受け入れています。見学や実習をご希望される方は、随時受け付けを行っておりますのでお問合せ下さい。
   

◆就労継続支援B型事業
   働く場を提供し続けることで就労意欲の維持・向上、知識や能力をさらに向上させる為、必要な訓練
   を行います。また、仕事に就くことにより社会的自立を目指します。

<施設内・施設外の主な作業>
 施設内では、フォークリフトやハンドフォークが動いている為、安全確認を徹底しています。
 身だしなみや衛生面に十分気を配り一般就労へのステップアップとして力をつける支援をしています。

   ●検査・梱包      衛生用品やテープなどの検査・梱包を行います。
   ●部品の梱包     計量器や治具を使い、小部品の梱包や自動車用カーテンレールを組み立ます。
   ●詰め替え        イオン交換樹脂の詰め替えや、発送作業を行います。

    
◇就労実績 (平成27年2月末現在)
 平成26年度  ・一般企業(クリーニング業)正式雇用 1名
 平成25年度  ・就労者なし
 平成24年度  ・就労者なし
 平成23年度  ・運送会社(検査業務)   トライアル雇用を経て正式雇用 1名
           ・特例子会社(清掃業務) トライアル雇用を経て正式雇用 1名
           ・特例子会社(検査業務) トライアル雇用を経て正式雇用 1名
           ・特例子会社(事務職)   トライアル雇用           1名

 平成22年度  ・某物流会社         トライアル雇用を経て正式雇用 1名
 平成21年度  ・行政機関(事務職)     チャレンジ雇用          1名
            ・特例子会社(清掃業務) トライアル雇用を経て正式雇用 1名 

※ チャレンジ雇用
  期間一年以内を単位として各府省・各自治体において非常勤職員として雇用後、1~3年の業務経験
  を踏まえ、ハローワーク等を通じた一般企業への就職を目指す雇用体系。

◆工賃実績 (月平均)
       平成26年度  54,866円(目標54,600円/月)
       平成25年度  54,565円(目標50,200円/月)
       平成24年度  51,765円(目標50,000円/月)
       平成23年度  49,700円(目標48,000円/月)
       平成22年度  47,000円
       平成21年度  46,000円 
 
                                              厚生労働省における取組


<就労に向けた取り組みについて>
 平成21年度から、神奈川県の障害者職場見学促進事業を利用し法人内で職場見学会を実施しています。障害者職場見学推進事業は、企業等の職場見学は作業能率の向上や現場感覚を習得できるなど一般就労への移行に有効であるとして、就労移行支援や就労継続(A型・B型)事業を利用している方が障害者が雇用されている企業見学した場合に費用を助成することを目的としている事業です。ワークショップ・SUNではこの事業を利用させていただき、年3回から4回の職場見学会を実施しています。平成23年度は、7月に株式会社あらた、10月に東京グリーンシステムズ株式会社、11月にハローワーク相模原、2月に株式会社ラッシュジャパン、合計22名の利用者の方が見学に行きました。この事業は、平成23年度末までの事業でしたが、平成24年度も継続することが決まり、今年度もこの事業を利用して職場見学会を行う予定です。





◇自主生産品を販売しています 販売店のページをご覧下さい。
福祉タイムズの取材を受けました。
社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会から発行されている「福祉タイムズ」に障害福祉に関する提言を取り上げていただき掲載されました。


神奈川県社会福祉協議会 機関紙のサイト http://www.knsyk.jp/c/times/


販売会など、参加させていただけるイベントがございましたら是非お声かけください。今後も地域のイベントに参加させていただきたいと思っております。
 



◇余暇支援活動
  ワークショップ・SUN土曜活動

法人の余暇支援活動とは別にワークショップ・SUN独自の土曜活動を月一回行っています。
気持ちをリフレッシュするだけでなく、[選択]や[自己表現]の機会の提供や日頃なかなか経験することが少ない事(包丁を使って調理する、ケーキのデコレーションをする、花を生ける等)を体験する場です。また、作業場所が違う施設外班と施設内班との交流の場にもなっています。

『施設開放日』

平成27年度から新たにスタートした取り組みとして、施設開放日を設けました。
土曜日に職員が滞在している環境で、集まった人でゲームを囲んだり、その時々の好きなことをして過ごす場所を開放しています。普段はなかなか話せない職員とゆっくり話をすることもでき、自由な時間を誰かと過ごす楽しみから、いろいろな発展へと繋がることがあると良いと思います。


【利用者の会】            
利用者の会は、ワークショップ・SUNの利用者とアドバイザー職員1名で構成されています。
会長、副会長、書記、行事委員会、運営適正化委員会、給食委員会があり、皆さんがよりよい環境で活動するために運営する会です。年に3回開催され、その時は施設長への質問、施設への要望を発表し、今後の施設の運営に繋げていきます。これまでに、「食堂にテレビがほしい」「日帰り旅行でディズニーランドに行きたい」等の意見が出され、実現されてきました。

 ・行事委員会      :  土曜活動等の内容や改善提案を行う。
 ・運営適正化委員会  :  施設へ必要な要望や改善提案を行う。施設内外でのマナー等を啓発する。
 ・給食委員会      :  給食の内容などについて要望や改善提案をする。
                  昼食時のマナー等を啓発する。

各委員会活動では、昼食時のマナーを啓発する為のポスター作成、活動内容の決定などを行ってきました。また、行事のお知らせも作成し、皆さんに配布しています。



詳細

◆施設概要         設備(訓練作業室、相談室、多目的室、洗面トイレ、昇降機)

     定    員     就労継続支援B型 20名

     支援体制     20名
               (管理者・サービス管理責任者・生活支援員・職業指導員を配置)

    営業時間    月~金8:45~17:20 (12:00~12:45休憩)
             (休業日/春季・夏季・年末年始、創立記念日10月1日、その他事業所の定める休日)
    サービス提供時間  月~土9:00~16:00 ※土曜日は活動内容による


      施設長(管理者) 佐々木 雅子
     所 在 地     〒252-0217 相模原市中央区小町通2-8-15
                      TEL:042-779-8909

     アクセス     JR横浜線 相模原駅より神奈川中央交通バス利用、6番乗り場「水郷田名行き」
               (乗車約4分)、もしくは「横山団地経由上溝行き」(乗車約4分)、「日金沢上」バス停
               下車 徒歩15分
              JR相模線 南橋本駅より徒歩15分

               (JR南橋本駅からの徒歩経路)
               ● 駅改札口を出て右側にある階段を降り(スーパー三和側)、駅を背にして正面の道を
                 約100m直進。
               ● 大きい通りに出たら右折。(ドラックストアセイムス、ダイハツ自動車販売方面へ)
               ● 約300~400m進み、2つ目の信号(南橋本4丁目)ファミリーマート付近の横断
                 歩道で左の歩道へ移動。(この先横断歩道がありません。)
               ● 交差点より昭和電線を右手に見ながら300m程直進し、2つ目の脇道を左折。
                 (佐川急便が目印。)
               ● 倉庫が並ぶ通り、1つ目の十字路を越えて、右手に茶色い木目調の建物が見えたら
                 ワークショップ・SUNに到着。




 

▲pagetop